求人票が求める「簡単なパソコン操作」のレベルって?

ハローワーク求人情報16,000件のうち、応募条件にパソコンの項目がある求人は1,975件ありました。
また、ある事務職の派遣では30件中30件が「パソコン必須」です!

でも、どんなことができればいいんだろう?
タイピング? エクセル? パワーポイント?
簡単なことができればいいと書いてあるけど、何ができればいいの?
基礎と基本と簡単ってスキルにどう差があるの?

なかなかハッキリわかりづらいパソコンスキル、
どうやって考えたらいいのか、もやもやしますよね。

そこで、求人票に掲載されている業務説明・必要スキルを分析し、もやもやしたパソコンレベルを分析しました!
本日は、「簡単なパソコン操作」と書かれている場合の求められるパソコンスキルをご紹介します。

「簡単」というキーワードを含む求人

文字入力

仕事内容に「簡単」というキーワードがある求人では、求められるスキルは「決まったところ(テンプレートやフォーム)に入力できる」ことと考えてよいでしょう。文字入力のスピードが極端に遅くなければ、大丈夫でしょう。
文字入力の速度は1分に100~120文字くらいあると良いでしょう。

パソコン

パソコンの起動・シャットダウンができる、ファイルを開ける、くらいのスキルがあればOKでしょう。

ワード

ワードを起動して文字を入力・修正ができるレベルを期待されているようです。ワードの機能を活用する必要はないと考えていいでしょう。

エクセル

セルに数値や文字を入力し、データの入力・修正ができるレベルです。エクセルの操作はセル単位、ということを知っている必要はあります。

「基礎」というキーワードを含む求人

「基礎レベル」と表現する求人は20件ありました。
ここでいう基礎とは、知識と技能という意味があるようです。知識として知っていて、かつ、使えるレベルが求められます。

パソコン

・ファイルの作成と保存、ファイル、フォルダーの整理
・上書き保存、名前をつけて保存の違い
など、ファイルを扱うための知識と操作は迷いなくできる必要があるでしょう。特に、パソコンをあまり使われていない方は、フォルダーを使ったファイルの整理を苦手とする方が多いので、しっかり学習しておきましょう。

ワード

・作成された文書の修正
・文書の保存と印刷
・文字の色、大きさの変更など
ワードの基礎とある場合は、上記のようなことができればよいでしょう。文書修正に伴う文字書式の変更は、必要となります。

エクセル

・数式を作って計算できる(四則演算)
・表の作成(罫線)
・文字の色、大きさの変更など
・データの検索
簡単な計算や文字書式、既存のデータの閲覧・検索が求められます。
必要なのは、エクセルの操作力というよりも数式を立てられる、読める能力です。

パワーポイント

・パワーポイントの基本操作
・作成された書類の修正
・画像の挿入・変更
営業資料の文字修正や画像の挿入ができればよいでしょう。パワーポイントを扱う上での基本操作には慣れておく必要があります。

パソカレッジでは1日短期講習からじっくり学ぶタイプまで、基礎からしっかり学習できます♪
明日は、「基本」「初級程度」「経験者」のレベルについて書きます!
お気軽にお問い合わせください