【新テキスト】『Excelの新関数、新機能を使ってみよう Excel 2021、Microsoft 365 Excel対応』の販売を開始しました

本テキストでは、最新の Microsoft 365 Excel、および Office 2021 で本格的に利用できるようになった「スピル」と計算結果がスピルで返される関数の基本的な使い方をを学習できます。

スピルが機能する計算式を入力すると、それに応じた範囲に自動的に結果が反映されます。従来は複合参照や配列数式などで実現すべきだった式が、よりシンプルに入力できるという魅力があります。

また、このスピル機能を伴った新関数は、計算結果がスピルすることで、関数の用途の幅がぐっと広がります。

代表的な例としては、VLOOKUPの進化版として登場したXLOOKUPです。複数列の検索結果を返したいとき、列ごとに数式を数式を入力することなく、結果を返せるのです。このスピルと新関数を使って、従来の方法と異なる「データの整形」「データの並び替え」「データの検索」「データの抽出」「データベースの結合」の方法に、ぜひ触れてみてください。

本テキストで新機能、新関数の効果的な使い方を身につけましょう。※ 一部、スピルとは関係のない内容も含みます。

このテキストで学べること

  • スピル、スピル範囲演算子について
  • データの整形にまつわる新関数(TEXTSPLIT、TEXTBEFORE、TEXTAFTER)
  • データの並べ替えにまつわる新関数(SORT、SORTBY)
  • データの検索にまつわる新関数(XLOOKUP)
  • データの抽出にまつわる新関数(FILTER、CHOOSECOLS、UNIQUE、SUMIF)
  • データベースを結合する新関数(VSTACK、UNIQUEとSUMIFSでクロス集計)
  • 条件を処理する新関数(IFS、SWITCH)
  • オートカルク

学習対象者

  • Excel の基本操作、関数の基本的な使い方と考え方(引数とは何かなど)を理解している