求人票に書いてあるパソコン「中級程度」「ビジネスレベル」とは?

ハローワーク求人情報16,000件のうち、応募条件にパソコンの項目がある求人は1,975件ありました。
また、ある事務職の派遣では30件中30件が「パソコン必須」です!

でも、どんなことができればいいんだろう?
タイピング? エクセル? パワーポイント?
簡単なことができればいいと書いてあるけど、何ができればいいの?
基礎と基本と簡単ってスキルにどう差があるの?

なかなかハッキリわかりづらいパソコンスキル、
どうやって考えたらいいのか、もやもやしますよね。

そこで、求人票に掲載されている業務説明・必要スキルを分析し、もやもやしたパソコンレベルを分析しました!
本日は、「「一般事務経験」「中級程度」」「ビジネスレベル」と書かれている場合の求められるパソコンスキルをご紹介します。

「一般事務経験」「中級程度」というキーワードを含む求人

「一般事務経験」「中級程度」と書かれた求人では、いろいろなシーンでパソコンを使うことを求められています。業務効率を上げることはもちろん、各種の操作については知っていることが前提で採用されている、あらためて教えてもらえる機会はほぼない、と思っていいでしょう。

パソコン

・クラウドで共有
・画像処理(サイズの変更)
・PDFへの出力
・わからないことを調べる力がある
一般事務経験者、パソコンレベル中級程度の方が入ると、社内で今まで解決していなかった問題を相談されることも多くなります。そのため、今まで経験のない仕事が振られることもあります。そのときに、調べて解決できる力を求められています。

ワード

・DMの作成(差し込み印刷)
・チラシ、POPの作成
社内向けだけではなく、社外向けの書類仕事の作成も任されることがあるでしょう。差し込み印刷機能などは、使えると重宝します。

エクセル

・複数シートの操作
・ピボットテーブル
・IF関数
・VLOOKUP関数
・関数の組み合わせ
・データベース(フィルターによる抽出など)
・データのインポート(CSVなど)
よく使われるエクセルの機能をピックアップしました。業務内容にかかわらず、どの機能も必要となります。

パワーポイント

・見やすい資料作成(図形、グラフ、表、)
・チラシの作成
ゼロからパワーポイントの資料を作成するとなった場合、パワーポイントの機能はまんべんなく使える必要があります。また、パワーポイントで営業用のチラシなどを作るケースもあるので、操作には慣れが必要です。

ビジネスレベル

ビジネスレベルのスキルを求めます!といわれた場合には、高度なスキルが必要といってもいいでしょう。

ワード

・インデント
・目次、コメント
・スタイル
・校閲
士業など、ワードを使った業務が中心の場合は、上記の機能を使えると重宝されます。面接の際に伝えれば、大歓迎されます。

エクセル

・効率のよい関数を見つけ、使える
・ピボットテーブルでのデータ分析
・マクロ(VBA)
関数を使った作業の効率化など、最適な関数を使うことを求められます。自分の知らない関数が使われたデータも、調べて読み取れるようにするなどの対処能力も必要です。その他、高度なデータ分析やマクロの活用などができると十分に活躍できます。なお、アクセスを使えるとさらに強みになります。

パワーポイント

・スライドマスター
・スライドの見せ方・内容を考えられる
既存のデザイン以外のスライドを作ることになる場合、スライドマスターを使いこなす必要があります。また、本格的なプレゼンテーションのためのスライドを作る能力は必須です。TPOにあったスライドを作れるようにしておきましょう。

いかがでしたか。この指標を求職票を出すとき・求人票を受け取るときの参考にしてください。

各オフィスソフトの操作については、パソカレッジの1日短期講習で1日1ソフトずつ習得することができます。

中級レベル、ビジネス向けの講座もご用意しています。

企業の人事担当の方も、上記のリストを参考に求人票を作成すると、目的のレベルのマッチした方が応募くださる可能性がグッと高まると思います。
パソカレッジでは、企業研修も行っていますので、レベルアップはお任せください♪
それぞれの方のレベルと目的に応じた研修を組んでいます。(1日単位、お1人から)

どうぞお気軽にお問い合わせください。