求人票に書いてある「パソコン基本」って何?

ハローワーク求人情報16,000件のうち、応募条件にパソコンの項目がある求人は1,975件ありました。一方、ある事務職の派遣では30件中30件が「パソコン必須」!

でも、パソコンでどんなことができればいいんだろう?
そこで、求人表に掲載されている仕事内容と「基本」「初級程度」など、もやもやっとしたパソコンレベルを分析しました!

企業が求めるパソコンレベルの発表です!

人事の方も、以下を参考に求人票を作成すると、よりレベルのマッチした方がいらっしゃると思います。パソカレッジでは、企業研修も行っていますので、レベルUPはお任せください♪
>「簡単」「基礎」のパソコンレベル解説についてはこちらから

「基本」というキーワードを含む求人

パソコンの「基本」という記述の求人は636件でした。
ここでいう基本とは、会社によって「この機能はよく使うから基本的だ」というように解釈の幅が広く、分析しづらいです。
「基礎」よりも高度な操作が求められているのは確かですが、一般化はなかなか難しいので、ここでは、業務内容からポイントをまとめました。

パソコン

・メールの利用
・ファイルの圧縮・展開ができる
・ファイルのアップロード、ダウンロードができる
他社とデータをやりとりする業務が発生する場合、メールの添付ファイル、それにともなったデータの圧縮などが必要になります。「書類作成のお手伝い」以上の業務では、必須の能力です。

ワード

・書類の作成
・表の作成
決まった文言をもとに書類をゼロから作成できる程度の能力は求められているようです。したがって文字に加えて、段落の書式(文字の配置など)も使えたほうが好ましいでしょう。表の作成もできる必要があります。

エクセル

・データの集計(SUM関数、AVERAGE関数など)
・データの並べ替え
・見積もりの作成
関数(特に、合計や平均などの集計に使う関数)は使いこなしたいところです。見積もりデータの作成など、ある程度まで型の決まった書類も作れるようなスキルは必要でしょう。
なお、「基本的なエクセル」と提示しながらも、高度な作業を求めている企業も少なくないので、応募時は、しっかり仕事内容を読みましょう。

「初級程度」というキーワードを含む求人

「初級程度」と掲載されていたのは35件。仕事内容を見ると、基本と書いてある会社よりも少し高度な業務を求められています。

パソコン

・社内ネットワークにファイルを保存・管理
それほど難しいことではありませんが、ネットワークに接続された他の場所にファイルを保存・管理するという意味を分かっておくと良いですね。

ワード

・画像の挿入
・レイアウトを整える
・書類の作成(業務連絡書類など)
ワードの機能をほどほど活用できるレベルが期待されます。このレベルだと、書類も自力でゼロから作成する能力が業務上で必要となるようです。

エクセル

・書類作成(手順書、スケジュール表など)
・見栄えのいい表の作成
・グラフの作成
ワード同様、初級程度とあるときは、上記の程度の作業はさっとできるようにしておくことが好ましいです。印刷を意識した書類の作成は、クセがあるので、確実に身に付けておきたいスキルです。

いかがでしたか。この指標を求職票を出すとき・求人票を受け取るときの参考にしてください。
明日は、「「一般事務経験」「中級程度」」「ビジネスレベル」についての解説をします。

各オフィスソフトの操作については、パソカレッジの1日短期講習で1日1ソフトずつ習得することができます。

中級レベル、ビジネス向けの講座もご用意しています。

企業の人事担当の方も、上記のリストを参考に求人票を作成すると、目的のレベルのマッチした方が応募くださる可能性がグッと高まると思います。
パソカレッジでは、企業研修も行っていますので、レベルアップはお任せください♪
それぞれの方のレベルと目的に応じた研修を組んでいます。(1日単位、お1人から)

どうぞお気軽にお問い合わせください。