社員に適切な研修をセッティングするために、ひとりひとりのITスキルを確認する必要があるような気がする

資格取得とまでは言わないが、学校で得られる知識ではなく、ビジネスで使う最低限のITリテラシーは持っていて欲しい

Excelができないのではなく、数字に弱いのかもしれない…?

社員の現状においてExcelスキルや数字リテラシーについての客観的評価が欲しい!!

このような課題をパソカレッジのITリテラシー評価が解決します。

こんなお悩みを抱えている企業様に最適です

・個々の社員、およびチームの生産性を上げたい
・スキル不足の社員にリスキリングを促したい
・社員の現在のITスキルを客観的に把握したい

ITリテラシー評価の特長

短時間で受検完了

検査の時間は10~30分。スキマ時間に実施できます。

目的に応じた検査

お抱えの課題にあわせて、検査の種類を選べます。

お手軽なWEB受検

お手元のパソコンを使って、いつでも受検できます。

検査の概要

組み合わせてのご提供も可能です。検査のねらいについてはこちらの記事もご参照ください。

名称測定内容時間と形式
基礎ITリテラシー検査ITの基本に関する正確な知識、入力の正確性と速さの測定10分
多肢選択
Microsoft Office知識検査Word、Excelの操作における知識、関数や数式の理解力、Excelで数式を作れるかの測定30分
多肢選択
ビジネス数字リテラシー検査ライトExcelで求められる指標などの数字を理解しているか、グラフを読み取れるかなどの測定10分
多肢選択
ビジネス数字リテラシー検査スタンダードExcelで求められる指標などの数字を理解しているか、論理的思考力があるか、正しく指標を求められるかなどの測定(ライトの内容含む)20分
多肢選択
Excel実務操作の検査四則演算、VLOOKUP関数、IF関数など、課題に応じて適切な関数を選択し、実際に効率よく操作できるかを測定10分
実技

・問題は、実技を除いて、多肢選択型です。各問を短い時間ですばやく解答する必要があるので、真の実力を測定できます。
・問題のレベルとしては、役職級クラスの方は8割以上、中堅社員のできる方が6割以上、新入社員やスキルの弱い方が5割以下の得点となっています。
・本検査は、対策を不要としています。それは検査の得点よりも検査時の実力を測るためです。対策による学習効果を否定するものではありません。
・Excel実務操作の検査は、Excelが利用できる状態のパソコンが必要です。また、マクロファイルを操作できる設定になっている必要があります。
・Excel実務操作の検査は、御社の必要とする技能に応じて検査内容を作成できます。(準備期間3週間、費用別途)

結果について

リテラシー、知識検査の結果は、受検者本人への開示の有無やタイミングを、お申し込み時に選択いただけます。詳しくは、お問い合わせ後の資料をご覧ください。

「Excel実務操作の検査」の結果は、返却までに5営業日頂戴します。

検査前後における検査内容の開示には、一切対応しておりません。

検査画面について

検査の解答画面

検査の結果画面

知識問題、数字リテラシー

※フィードバックを出すタイミングなどは設定にて変更できます。

Excel実技操作の検査の結果フィードバック例

管理者側画面

管理者となった方は、一覧で受検者の検査結果をご覧いただけます。また、点数をローデータでダウンロードいただけます。

検査実施までの流れ

資料請求
下記より資料請求をお願いいたします。当社より資料とお見積り、お申込書をお送りします。
検査実施日の決定
お申込書(検査実施日と人数、お名前とEメールアドレスを含む)をお送りください。ID、PWの送付お申込みくださった方宛てにまとめてID、PWをお送りできますし、お1人ずつ宛てに送ることも可能です。
受検
それぞれご都合の良いときに、ご受検いただけます。
結果表示
設定により、点数およびフィードバックの即時開示、部署の全員が受けた後の開示、非開示を選択できます。また、管理者は結果を一覧で見ることができます。(ローデータをダウンロードすることも可能です)

オプション

研修

法人向けパソコン研修を実施いたします。

資料請求

    御社名 (必須)

    部署名

    ご担当者名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ内容